トップ > 旅の技術・世界遺産 > レンタカー実践例 > 京都 日産ノート

レンタカー実践例 京都 で ノートを借りてみた 

基本的に世界の世界遺産情報・旅情報を載せているこのサイト。自分は日本国内も大好きで多くの写真や経験があるのですが、正直言って、日本国内の世界遺産情報ならば、このやっつけサイトよりも、他の情報源を参照することをお勧めします。
と言いつつも、それでも、もののついでなので少し書きます。今回は京都をレンタカーで走った例です。
見たかった世界遺産は
古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)
※まだまだ何も作っていません・・・すみません。
車を借りたわけ
 日本の本州某所が拠点になっている自分にとって、京都は「自分の車で十分行ける範囲内」という感覚の距離にあります(・・・とはいうものの、自分の車をフェリーに積み込み、北海道を一周したり(ちなみに2回)、九州へ何度も平気で運転していってしまったりする自分の距離感覚が間違っていることは否定しません(笑))。でも、場合によっては時間が無く、車を転がして行っている余裕がない時があります。そんな時やはり「鉄道(新幹線)+レンタカー」「飛行機+レンタカー」の威力は絶大です。 というわけで、あるとき、京都をめぐるのにレンタカーを借りてみました。
感想
京都市内って、車で動くにはやや不便なところ・・・ですよね。唐の長安のような碁盤の目の都市計画は、当時においては非常に優れているものの、現代社会においては様々な課題がある気がします。特に車との相性は良くありません。車を使わなくても二条城や三十三間堂などは比較的アクセスも簡単。鹿苑寺金閣や龍安寺周辺へもバスが多数出ていてそれなりに簡単ですよね。しかし地下鉄はわずか2本。鴨川沿いの京阪、南の近鉄、嵯峨野方面のJRや嵐電、阪急など、鉄道網もそれなりにあるのですが、やはり少々不便です。そんな時「ちょっと嵐山まで行きたい」「鳥獣人物戯画の高山寺に行きたい」という場合、やはり車が便利です。(ま、たんなるわがままです)
 今回、京都駅八条口の方が新幹線から近いし・・と考えて、八条口近くのレンタカー事務所を探しました。いろいろな会社の車を借りてみているのですが、今回は最近よく見かけるTimesレンタカーにしてみました。
レンタカー実践例 京都 で ノートを借りてみた 】
とにかく一番小さな車を・・と借りたのがこの日産ノート。 E12型という2012年から九州日産で生産されている2代目ノートです。
レンタカー実践例 京都 で ノートを借りてみた 】
後ろ姿も上手にまとまっていますよね。
レンタカー実践例 京都 で ノートを借りてみた 】
最近のレンタカーの必須アイテム、カーナビも当然ついていました。日本国内ならばスマホのナビで十分・・・と思ってしまう気もしますが、VICS情報などやはり車載ナビにしかない機能もあり、あるとやはり便利です。
レンタカー実践例 京都 で ノートを借りてみた 】
日産車らしいインパネ回り。コンパクトカーなのに、そこそこお金をかけている作りがいいですね。
レンタカー実践例 京都 で ノートを借りてみた 】
搭載されるエンジンは、1.2L 直列3気筒のHR12DE型。最大出力58kW (79PS) /6,000rpm 、最大トルク106N·m (10.8kgf·m) /4,400rpm。正直言ってかわいい出力ですが、1t前後の車重からすればごく一般的な感じ。
レンタカー実践例 京都 で ノートを借りてみた 】
なかなか広くて使いやすい車内。
レンタカー実践例 京都 で ノートを借りてみた 】
梅宮大社駐車場にて。京都らしい絵です。
レンタカー実践例 京都 で ノートを借りてみた 】
今回お世話になった タイムズカーレンタル京都新幹線口店。迅速かつ親切に対応していただきました。やはり日本国内のサービス、最高です。