トップ > 旅の技術・世界遺産 > レンタカー実践例 > ブルガリア セアト イビサ SEAT IBIZA 

レンタカー実践例 ブルガリア で セアト イビサ SEAT IBIZA を借りてみた        

レンタカーを借りたわけ
ブルガリアを訪れる際、どうしても行きたかった場所が「リラ修道院」。でもそこは首都ソフィアからかなり離れている上、公共交通機関が乏しい場所とのこと。バスを使って行く方法も考えましたが、日本で得られる情報も乏しく、時間的なロスも多いと考え、それならば、と借りてしまったのがレンタカー。日本人にはなじみの薄いブルガリアですが、この国でのレンタカードライブは非常に快適でした。
借り出し方
そもそも「レンタカーを借りること」からお分かりかと思いますが、学生時代のように、時間が無限にある身分ではないので、時間的余裕がない状態でこの車を借りることになりました。今のようにGPSのカーナビがあるわけでもないときだったので、頼りになるのは一枚の地図。それを頼りにブルガリア国内を走りまわろう・・・ということ自体、かなり無理ではあったのですが、とにかくそんな計画を立てました。レンタカーの予約はネット上で行ったのですが、問題はその借り出し・返却地。確実に分かる場所、ということで、ソフィア空港 Летище Софияの営業所で借りました。ちなみにブルガリアへの入国は、隣国ルーマニアからの夜行列車でしたので、ソフィア中央駅 Централна железопътна гара Софияから空港へ移動してから車を借りました。
感想
西欧とは違い、まだまだ旧ソ連時代の息吹を感じるブルガリア。今回は、首都ソフィアのHertzで借りたのですが、 ブルガリア語は一切しゃべれず、ロシア語もキリル文字のアルファベットがなんとなく読めるだけ、という情けない語学力ですが、結果的にはなんとかなってしまい、無事、車を借り出すことができました。ひとたび走り出してしまうととても快適でした。道も分かりやすく標識などのインフラもそれなりにそろっていました。ただし、キリル文字の世界は、キリルモードに頭を切り替えないと、標識や看板すら読めません・・・。
【ブルガリア で セアト イビサ SEAT IBIZA を借りてみた】
SEATはスペインの自動車メーカー。今はドイツのフォルクスワーゲンの傘下に入っています。
【ブルガリア で セアト イビサ SEAT IBIZA を借りてみた】
道路地図は、アムステルダムのスキポール空港に寄った時に買っておきました。そうでないと旧東欧圏は、路上に情報がなさ過ぎて走れません・・・。
【ブルガリア で セアト イビサ SEAT IBIZA を借りてみた】
首都ソフィアは高速道路もしっかりしていてとても洗練された感じでした。ブルガリア人の運転マナーも、世界的な傾向からすれば、標準的で、むしろやや良い方だと感じました。
【ブルガリア で セアト イビサ SEAT IBIZA を借りてみた】
例によって、ついエンジンを見てしまいます。1.4L。
【ブルガリア で セアト イビサ SEAT IBIZA を借りてみた】
低い山々が連なり、牧草地、畑が広がる雰囲気は、隣国、ルーマニアと雰囲気がすごく似ています。反対側の隣国のギリシャはもう少し日差しが強くなり海に近い地方の雰囲気になります。
【ブルガリア で セアト イビサ SEAT IBIZA を借りてみた】
都市部の様子。首都ソフィアはもっと車が多いですが・・。
【ブルガリア で セアト イビサ SEAT IBIZA を借りてみた】
リラ修道院への道。車を使わずにプライベートで来るのは、きっと大変だと感じました・・・。
【ブルガリア で セアト イビサ SEAT IBIZA を借りてみた】
【ブルガリア で セアト イビサ SEAT IBIZA を借りてみた】
【ブルガリア で セアト イビサ SEAT IBIZA を借りてみた】
まだまだ馬車、牛車がたくさん残っていました。牧歌的な雰囲気が各所に漂っています。馬車の構造を見ると、古いトラックのシャーシとタイヤを利用しているものが多い感じでした。