トップ > 旅の技術・世界遺産 > レンタカー実践例 > フィンランド フォード カー FORD KA

レンタカー実践例 フィンランド で フォード カー  FORD KA を借りてみた        

レンタカーを借りたわけ
今でこそ、海外に行くチャンスがあれば「車を運転する機会はあるかな?」と気軽に海外ドライブをたくらんでしまう自分ですが、一番初めに借りたレンタカーが、フィンランドのKAでした。目的はヨーロッパ最北端の岬、ノールカップ(ノルウェー語:Nordkapplataet)に行きたかったため。そのため、フィンランドの首都ヘルシンキから、スカンジナビア半島の真ん中にある北極圏の入口の町、ロバニエミまでフライトをとり、そこから車を借りることを考えました。いろいろ調べても良くわからなかったため、ロバニエミのレンタカー会社(ハーツ ロバニエミ支店)にメールをし「ノールカップに行きたいけどどうすればいいですか」「車を借りるとすると何日間かかりますか」などを質問しました。返事はすぐに返ってきて「うちから車を使って3日あれば十分だよ」「宿は適当にとればいいと思う」「一日500kmくらいの移動でいいよ」などの返事を頂きました。
感想
今でこそ、左ハンドル車もその運転も大好きな自分ですが、このFORD KAが人生で初めて運転した左ハンドル車でした。乗りだす前はドキドキ・ハラハラ・・と思いましたが、実際に走りだしてみると実にあっけないほど順応してしまい拍子抜けしたことを覚えています。ノールカップまでの道のりはとにかく”爽快”、”快適”の一言で、地球にはこんな世界があることを初めて知った興奮を抑えきれませんでした。北極圏とはいえ、夏のドライブ最高でした。
アルタのロック・アート Rock Art of Alta
【フィンランド で フォード カー  FORD KA を借りてみた 】
フォード フィエスタのプラットフォームを利用し開発した小型車です。5MTしか存在せず、日本でも発売しましたが販売は芳しくなかったようです。スペイン・バレンシア にあるアルムサフェス工場(Almussafes)で製造されていました。
【フィンランド で フォード カー ・ FORD KA を借りてみた 】
エンジンは1.3 LのエンドュラーE( Endura E)と呼ばれる直列4気筒のOHVエンジンが載せられています。はじめ、OHVと聞いたとき「ええ?今時OHV?」と思いましたが、1958年開発のこのエンジンは、発表当時としても「OHV?マジで?」というのが市場の感想だったようです。でもさすがに古かったようで2002年にはSOHCに変更されました。
【フィンランド で フォード カー  FORD KA を借りてみた 】
KAは、New Edge(ニューエッジデザイン)と当時フォードが提唱していたデザインコンセプトで設計されました。エクステリアのみならず、車内も斬新でしたが、金属塗装むき出しのドア、プラスチックを多用した低い質感のインパネ回りなど・・・・低予算なりのインテリアでした。5MTしかないのに、タコメータすらなく、スポーティ路線でもなく、やや中途半端な立ち位置だったようです。
【フィンランド で フォード カー  FORD KA を借りてみた 】
それでも、小さな、軽い車ですので良く走り、とても快適でした。日本でも所有したいな、と思ってしまいました。
【フィンランド で フォード カー  FORD KA を借りてみた 】
北欧の雄大な自然には、やや小さすぎる車体でしたが、自然と一体となって走る感じがとても良かったです。
【フィンランド で フォード カー  FORD KA を借りてみた 】
ロバニエミのハーツで借りましたが、前述のように非常に丁寧で親切なお店でした。返却もおおらかで、「その時間、営業所は閉まっているから、ウチの駐車場に止めたら鍵はかけないで、助手席のグローブボックスの中に入れておいて」と言ってくれました。
【サンタクロース村 駐車場にて 】
フィンランドのロバニエミ郊外にサンタクロース村(フィンランド語: Joulupukin Pajakyla)があります。ここには本物のサンタクロースがいて(!)、全世界からサンタさん向けの手紙が届くようです。自分も本物のサンタクロースと記念写真を撮りました。
【フィンランド で フォード カー  FORD KA を借りてみた 】
見渡す限りの直線。ラップランドってこんな感じです。
【フィンランド で フォード カー  FORD KA を借りてみた 】
どこまでも続く青い空と真っすぐな道。「地球にはこんな場所があるんだな」とつくづく感激してしまいました。
【フィンランド で フォード カー  FORD KA を借りてみた 】
目的地ノールカップは、ノルウェーですので、国境を超えます。ここがその国境。左側の大きな標識は税関検査の標識で左が「申告なし」、右が「申告あり」のルートです。車での国境超えは、超簡単で、何もなしで、事務所の横をややゆっくり通り過ぎれば完了です。
【フィンランド で フォード カー  FORD KA を借りてみた 】
ここもフィンランドとノルウェーの国境。この川が国境になっており、向こうがノルウェー、手前がフィンランド領です。この国境を超えるのも楽チンでした。
【フィンランド で フォード カー  FORD KA を借りてみた 】
初めてのレンタカー、初めての海外ドライブ。本当に感動するものばかりでした。これに味をしめて、公共交通機関だけだった移動が「自分で車を運転して動く」魅力にドンドンのめりこんでいってしまった私です。