トップ > ヨーロッパの世界遺産 > ポーランドの世界遺産 >カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園
Kalwaria Zebrzydowska: the Mannerist Architectural and Park Landscape Complex and Pilgrimage Park

「カルヴァリア」 とはゴルゴダを示すラテン語から来ています。そうここはエルサレムに見立てて作られたキリスト教の巡礼公園です。ゴルゴダの丘を見立てたツァー山を中心に44の聖堂が並び立ち、ポーランド各地より、非常に多くの巡礼者を集める場所である。ポーランドにおけるキリスト信仰の聖地・・・とされる場所です。しかし、実際の所、非常にわかりにくい場所にある街でした。訪問したのが2002年ですが、当時日本で発行される本には、町の地名すら載っていませんでした。現地で発行される詳細なロードマップを頼りになんとか探して近くまで来たたのですが、それでもよく分からず、とてもうろうろとしてしまいました。訪れてみるととても小さな町に静かな教会があり、静かに時が流れているのを感じる場所で巡礼の地にふさわしい雰囲気でした。

アクセス
ポーランド王国のかつての首都、クラクフが拠点になります。この場所はクラクフより33kmしか離れていないのですがアクセスが良くありません。基本はバスでしょう。1時間に3便程度。所要約45分で到着します。列車もあって、一日3便ほど運航されているそうです。2009年の情報によると、クラクフ発08:55、10:05、16:55(所要1時間) カルヴァリア・ゼブジドフスカ発 08:12、10:50、18:50とのことです。自分は・・・・車を借りていってしまいました。詳しくは 旅の技術・世界遺産 > レンタカー実践例>ポーランドでフィアットプントを借りたを見てください。
実際に訪れた感想
ポーランドは、どの場所を訪れても、西欧とは違った空気と時間が流れているのを感じます。まるでタイムマシンに乗って、かつての中世の世界に迷い込んだような錯覚を覚えるときがあります。この街もそんな感じでした。そうそう、先のローマ法王 ヨハネ・パウロ2世Jana Paw?a II の生誕の地ヴァドヴィツェWadowiceもこの街のすぐそばです。そんな意味からも、巡礼地としての空気が穏やかに流れている場所でした。
【カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園  Kalwaria Zebrzydowska: the Mannerist Architectural and Park Landscape Complex and Pilgrimage Park】
街の中心部にあった地図。なかなかこう言ったものがないので非常に貴重な資料です。
【カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園  Kalwaria Zebrzydowska: the Mannerist Architectural and Park Landscape Complex and Pilgrimage Park】
上の地図のそばにあったより広域の地図。特にこう言った田舎町にとってはありがたい情報です。
【カルヴァリア・ゼブジトフスカ ランスコロナ ポーランド国鉄駅/Dworzec PKP Kalwaria Zebrzydowska Lanckorona】
クラクフとの間に一日3往復だけするそうです。
【カルヴァリア・ゼブジトフスカ ランスコロナ ポーランド国鉄駅/Dworzec PKP Kalwaria Zebrzydowska Lanckorona】自分は駅も鉄道も大好きで、自分が利用しなくても見に行ってしまうことも多いのですが、この時、駅は改修中で無人でした。レンガ造りで重厚な雰囲気ですが・・。
【カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園  Kalwaria Zebrzydowska: the Mannerist Architectural and Park Landscape Complex and Pilgrimage Park】ここカルヴァリアの歴史は17世紀の初めまでさかのぼり、当時のクラクフ県知事ミコワイ・ゼブジドフスキMiko?aj Zebrzydowskiがこの地に修道院と、エルサレムのカルヴァリアの丘Kalwariaに倣った主の受難M?ka Pa?skaの礼拝堂群とを建てたことに始まるそうです。(ポーランド政府観光局の資料より)
【カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園  Kalwaria Zebrzydowska: the Mannerist Architectural and Park Landscape Complex and Pilgrimage Park】修道院前の広場にて。簡素な町ですが、ここだけ見ると立派な観光地です。
【シトー派修道院/受難の聖母マリア・サンクチュアリ Zgromadzenie zakonne Ojcow Bernardynow / Sanktuarium pasyjno-maryjne w Kalwarii Zebrzydowskie】シトー派修道院だの、受難の聖母マリア・サンクチュアリだの勝手な日本語訳をつけてしまいましたが、多分正しくないです(すみません)。うまい日本語が分かりません・・・・。
【シトー派修道院/受難の聖母マリア・サンクチュアリ Zgromadzenie zakonne Ojcow Bernardynow / Sanktuarium pasyjno-maryjne w Kalwarii Zebrzydowskie】正面ファザードに「聖地400年記念!」というものが掲げられていました。ちょうど日本では戦国時代の終わりから江戸時代初期ですね。
【シトー派修道院/受難の聖母マリア・サンクチュアリ Zgromadzenie zakonne Ojcow Bernardynow / Sanktuarium pasyjno-maryjne w Kalwarii Zebrzydowskie】地元の文献や地図にはここを「マリアの聖地 Sanktuarium Maryjne」と書いてあるのもありました。確かに聖母マリア像もありました。
【シトー派修道院/受難の聖母マリア・サンクチュアリ Zgromadzenie zakonne Ojcow Bernardynow / Sanktuarium pasyjno-maryjne w Kalwarii Zebrzydowskie】】これは、いわば宿坊のようなものでしょうか?うーーん。キリスト教(カトリックもプロテスタントも)の基礎的素養がないので良くわかりません。
【シトー派修道院/受難の聖母マリア・サンクチュアリ Zgromadzenie zakonne Ojcow Bernardynow / Sanktuarium pasyjno-maryjne w Kalwarii Zebrzydowskie】正面です。ここから内部に入っていきます。
【シトー派修道院/受難の聖母マリア・サンクチュアリ Zgromadzenie zakonne Ojcow Bernardynow / Sanktuarium pasyjno-maryjne w Kalwarii Zebrzydowskie】きっと、この方も聖人か、設立に関わった方なのかなぁ・・。そうだとすると、設立当時のクラクフ県知事ミコワイ・ゼブジドフスキMiko?aj Zebrzydowskiですが、若すぎる感じですね。
【シトー派修道院/受難の聖母マリア・サンクチュアリ Zgromadzenie zakonne Ojcow Bernardynow / Sanktuarium pasyjno-maryjne w Kalwarii Zebrzydowskie】非常に複雑で重厚な建物群が並びます。
【シトー派修道院/受難の聖母マリア・サンクチュアリ Zgromadzenie zakonne Ojcow Bernardynow / Sanktuarium pasyjno-maryjne w Kalwarii Zebrzydowskie】 そうそう、ここはこの世界遺産サイトの中心ではありますが、全てではありません。本当はここをスタートとして、全長6km。所要4時間の「カルヴァリアの小道」があります。この街道沿いには、フラマン人パウル・バウダルトPaul Baudarthが手がけた42の礼拝堂群がある、とのことです。 
【シトー派修道院/受難の聖母マリア・サンクチュアリ Zgromadzenie zakonne Ojcow Bernardynow / Sanktuarium pasyjno-maryjne w Kalwarii Zebrzydowskie】ポーランドの教会にありがちな、丁寧できちっとした造りの建物です。
【シトー派修道院/受難の聖母マリア・サンクチュアリ Zgromadzenie zakonne Ojcow Bernardynow / Sanktuarium pasyjno-maryjne w Kalwarii Zebrzydowskie】この街は ベスキド・マコフスキ山地 Beskid Makowskiの山岳地帯にあります。山間の静かな町です。
【シトー派修道院/受難の聖母マリア・サンクチュアリ Zgromadzenie zakonne Ojcow Bernardynow / Sanktuarium pasyjno-maryjne w Kalwarii Zebrzydowskie】ロココ様式を持った後期バロックの建築ですね。
【シトー派修道院/受難の聖母マリア・サンクチュアリ Zgromadzenie zakonne Ojcow Bernardynow / Sanktuarium pasyjno-maryjne w Kalwarii Zebrzydowskie】様々な建物群があり、迷路のような場所もあります。
【シトー派修道院/受難の聖母マリア・サンクチュアリ Zgromadzenie zakonne Ojcow Bernardynow / Sanktuarium pasyjno-maryjne w Kalwarii Zebrzydowskie】】
大聖堂の内部。暗くてブレブレのダメな写真です。ここに載せるのがお恥ずかしいものですが、他にないので恥を忍んで載せます。
【シトー派修道院/受難の聖母マリア・サンクチュアリ Zgromadzenie zakonne Ojcow Bernardynow / Sanktuarium pasyjno-maryjne w Kalwarii Zebrzydowskie】
同じく大聖堂内部。そして同じくブレブレのダメショットです。
【シトー派修道院/受難の聖母マリア・サンクチュアリ Zgromadzenie zakonne Ojcow Bernardynow / Sanktuarium pasyjno-maryjne w Kalwarii Zebrzydowskie】修道院内には、たくさんの回廊があります。
【シトー派修道院/受難の聖母マリア・サンクチュアリ Zgromadzenie zakonne Ojcow Bernardynow / Sanktuarium pasyjno-maryjne w Kalwarii Zebrzydowskie】回廊から見る大聖堂。
【シトー派修道院/受難の聖母マリア・サンクチュアリ Zgromadzenie zakonne Ojcow Bernardynow / Sanktuarium pasyjno-maryjne w Kalwarii Zebrzydowskie】中庭です。今はとても閑散としていますが、巡礼の方が大挙して来るイースターの頃などは、きっと人だらけになるのでしょう。