トップ > 南北アメリカの世界遺産 > ペルーの世界遺産ナスカとフマナ平原の地上絵

ナスカとフマナ平原の地上絵 Lines and Geoglyphs of Nasca and Pampas de Jumana

自分とこの地上絵の出会いは、確か小学生4年頃の国語の教科書(光村出版?)にこのナスカの地上絵の写真が出ていて「なぜこんなものがあるのか自由にお話を作ってみましよう」と書いてあった時だと記憶しています。それは別としても、おそらく日本人ならどこかで聞いたことがあるこの地上絵ですが、海外ではあまり有名でないことが分かってきました。アメリカ人の知人と話していたら「ナスカライン?そんなモン知らん」と言われることも多くありました。知名度はともあれ、ペルーまで足を運んだ旅人ならば一度は見てみたいと思うのがこれだと思います。「地上からでも十分」という人もいますが、地上絵に立ち入ることはできないし、観測塔からもちょこっと見えるだけなのでやはりフライトをオススメしたいと思います。ただし、どの飛行機も古く、良く落ちるという話は本当らしいのでご注意を。

 

 
 
ナスカの街までリマから444km。バスなら7時間(US$8=\900)ですが、時間がないボクは、悩みながらもリマから飛行機を乗り継いできてしまいました(US$306.8=\34000)。地上絵のフライトはUS$50が平均相場ですが、「値切りに値切った」という強者でUS$35という人がいました。