トップ > 旅の技術 > レンタカー実践例 > アルゼンチン カローラ

レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた 
イスキグアラスト/タランパヤ自然公園群 訪問のため】

レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた

車を借りたわけ
アルゼンチン中部のイスキグアラスト/タランパヤ自然公園群にどうしても行ってみたかったのですが、どう考えても公共交通機関がありません。そこで、一番近い大都市コルドバまで飛び、そこから車で移動しようと考えたわけです。
感想
一番近いと言っても、コルドバから、目指す自然公園まで600km以上離れています。どちらもアルゼンチンの田舎ですから、高速道路があるわけではありません。もっと言えば、途中に街は点在していますが、車の故障や事故の時はどうしよう・・・と思いましたが、とりあえず事前にgoogle mapで道路状況を確認し、なんとか行けそうだと判断し、現地に向かいました。
レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた
いつものようにwebサイトから予約したのですが、大手レンタカー会社を探してもコルドバ空港に営業所はありませんでした。ただ、Europcarはコルドバ空港営業所が出てきたので、そこで予約しました。でも実際は・・・・。空港は非常に小さく、日本の地方空港並み。売店が1店、軽食喫茶が1店の空港でした。レンタカーオフィスもなく、「あれれ??」と思っていたら、予約した時間にこのおじさんが到着ロビーに現れてくれました。車で5分のガソリンスタンドに連れて行かれ、その中の一室が事務所でした。つまり写真のここです。
レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた
予約時、サイト上では、シボレーのセダンだったのですが、実際にはカローラでした。ただし、カローラと言っても日本のそれとは別格で、車幅もエンジンも大きいUSカローラ。日本でいえば、カローラとクラウンの間、かつてのマークUあたりの車格です。
レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた
アルゼンチンの道は・・・・・最高です!。本当にまっすぐな何もない道路もたくさんあります。
レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた
対向車も少なく、全く開発されていない地域もとても多く、どこを走っても絵になる場所ばかりです。ただし「ここで故障したらどうしよう」「事故したらどうしよう」と思うこともありますが・・。
レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた
ここは目指すイスキグアラスト/タランパヤ自然公園群の近く。恐竜の化石が多数出土した場所ですが、まだまだ発掘すればいくらでも出てきそうです。
レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた
メーターは240kmまで刻んであります。上に乗っているのはポータブルナビ。ブラジルで使っているものですが、標準でアルゼンチンの地図も入っているのでそのまま使えます。
レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた
インパネまわりのつくりは、いつものトヨタですね。
レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた
エンジンも見てみました。1.8LのVVTi。安定・安心のエンジンです。
レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた
ガソリンを入れているところ。アルゼンチンのスタンドはフルサービスが基本。ガソリン代は80円〜70円/Lと日本よりかなり安い感じ。
レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた
再び出しますが、走っていて最高!の気分になれる道。
レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた
日本ではありえないこんな道もあります。これが幹線道路ですが、前日の雨で川が増水し、道路が完全に水没しています!。車はもちろん、バイクも徒歩の人もここを渡るしかないのですが・・・。非常にスリルに満ちた経験でした!
レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた
コルドバ近郊には、ちょこっと高速道路もあります。料金は数百円と微々たるものです。
レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた
別のスタンドにて。この車はレギュラーなのか、ハイオクなのかも不明なワタシ。スタンドのおっちゃんはプレミアムを勝手に入れていました。日本ほど価格差がないので、まぁ、いいか。
レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた
これが車検証の一つ。非常に重要な書類です。これが不備であれば、即逮捕・身柄拘束もあり、の世界です(冗談抜きで真面目に)。
レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた
しかもアルゼンチンは、幹線道路に一定間隔でしっかりとした検問所が設けられていて、『かなりの確率で検問に停められます』。たいていは『書類見せて』『どこ行くの?』、『(自分だけでしょうが)日本人?わおっ』という会話が必ずなされます。この検問所でのやり取りは、必ずありますので、スペイン語会話が必須です。(自分も言語はかなり苦手なので、ま、なんとかなりますが。)
レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた
これは「アルゼンチンの違反切符」という超貴重な?写真です。実はアルゼンチンは「郊外を走行中、必ずヘッドライトをつけなくてはならない」という規則があるのですが、売店に寄ったあとに走り出した時につい、無点灯で走り出してしまったのです。そしてパトカーに停められ、この違反切符を頂いてしまいました。警官は2人組で、結果的にはとても良い方々だったのですが、捕まった時はドキドキハラハラしてしまい、初めは事情を上手に話せず焦ってしまいました。でもにこにこして話を聞いた後、端末にこちらの情報、車両情報を入力して、レシートのようなものを印刷して手渡されて、以上終了でした。それがこれです。
レンタカー実践例 アルゼンチン コルドバでトヨタ カローラを借りてみた
下部にはバーコードがあり、まるで日本のコンビニ支払いみたいな感じです。違反金は1044ペソ。14000円程度。でもおまけがあって、「期限までに支払うと50%オフの522ペソ(7000円)」と書いてあります。罰金を割引するって?と思いますが、南米ではよくある話です。いずれにしても、良い経験と思い気前よく?支払ってきました。