トップ > 南北アメリカの世界遺産 > チリの世界遺産 > ラパ・ヌイ国立公園 (イースター島 Easter Island) オロンゴの先の3つの島 Tres islas

ラパ・ヌイ国立公園 Rapa Nui National Park  オロンゴの先の3つの島 Tres islas (MOTU KAUKAU ,MOTU ITI, MOTU NUI)

オロンゴの先の3つの島 Tres islas (MOTU KAUKAU ,MOTU ITI, MOTU NUI)

オロンゴの岬のさらに先、約2KMの地点に3つの島があります。オロンゴから手前に、モツカウナウ、モツイティ、モツヌイと呼ばれる島です。ラパヌイ語でモツは島を表します。同様にカウナウは「高い」、イティは「小さい」、そしてヌイは「大きい」と言う意味になります。それぞれ「高い島」「小さい島」「大きな島」という、まあ見てのとおりそのままの意味になります。伝説の中で「マケマケ神が海鳥を連れてきた」とされる島である。この中で一番遠くの大きな島、モツヌイは鳥人儀礼の時、セグロアジサシ(軍艦鳥)の卵を待っていた島です。  ここでは2km位と書きましたが、実際に島を見てみると、見渡す限り絶海の孤島の中の2kmは想像以上に遠くに感じました。しかも海流が早く、サメもいるらしいとのこと。オロンゴの岬から見ていても、泳ぐのはかなりきつそうな海です。
ちなみに、現在もこれら島へわたる公的な手段はありません。あえて言えば、漁民または船を持っている島民との直接交渉をするしかないそうです。相場はUS$100〜200。かなりたいへんですが、モツヌイには様々なレリーフが残されている洞窟があるとのことです。
【オロンゴの先の3つの島 Tres islas】
こんな感じで、遠くに3つの島が見えます。この島が、このイースター島の、モアイとは全く違う伝統と歴史・文化に深くかかわっています。
【オロンゴの先の3つの島 Tres islas】
すこし望遠レンズでのそいてみた3つの島。ここに泳いで渡るとは・・・・。とても無謀に感じてしまうのは自分だけではないと思います。

南北アメリカの世界遺産